CLIENTWORK

SHARE THE LOVE for JAPAN

Medium 2x

挑戦者
油井敬史

時々油井さんを見失いそうになる。
時には煙に。時には土に。
油井さんの姿は溶け込み、同化する。

Medium 2x

挑戦者
宮本雅之

一粒一粒手で種を蒔く宮本さん。
その後ろ姿は、土に近づき、耳を傾け、種たちが発する小さな声を聞いているように見えた。

Medium 2x

山下一穂

先生の言葉から技術を学び
兄貴の背中から生き方を学ぶ。
こんな先生だったら
僕も学校がもっと楽しかっただろう。

Medium 2x

遠藤五一

昼飯時、食卓に並んだのは普通のカレーライスだった。
日本一の米といえば茶碗のイメージだったから、正直面食らったわけだが、その驚きは、すぐに抜群に美味いカレーライスの味に対してのものへと変わった。
最高に贅沢な昼飯だった。

Medium 2x

北村親二

深い朝霧の中、
ゆっくりとした足取りで茶畑を歩く。
成し遂げた人の背中は、
なんと小さく、優しいのか。

Medium 2x

金子美登

金子さんの畑は、自然だ。
人の手による努力の賜物なのだが、まるで人が作りあげたモノのように見えない。

Medium 2x

菅野正寿

太い腕、広い背中、したたる汗。
菅野さんは、夏の照りつける太陽の下で、
雑草と、見えない何かと戦っているように見えた。

Medium 2x

澤登早苗

土が育むのは、
木や、葉や、実だけではなく、
意思なのだと教えてもらった。

Medium 2x

山田典章

木々の間を抜けてくる爽やかな風
揺れるオリーブの実。
空を見上げたくなるその畑でも、
主人公は樹の下で土にへばりついていた。