2011.10.29

EMON SELECTION Vol.2『PORTRAITS 写真家と被写体の距離』

日時:2011.11.17 thu → 12.09 fri 平日11:00~19:00 土曜11:00~18:00 日・ 祝休廊
出展作家:木村尚樹 公文健太郎 中藤毅彦 西山尚樹 横浪修 鷲尾和彦
場所:エモンフォトギャラリー

人がレンズを見る。撮り手がファインダー越しに人を見る。
その両者間に起こる特別な瞬間を切り取った写真は実に面白い。
ポートレートは身近にあって奥深い。そこにはルールもなければ定義も無い。しかしあえて言うならば、互いの関係性の中に意図しない偶然が入る隙間が在るということだ。それは「写真」ならではの魅力に違いない。
喜び、怒り、哀しみ、あるいは沈黙。そこに写っているのは人の顔ではない。では何が写っているか?
それは観る人それぞれ自由な楽しみ方で変わり、100人100通りの感じ方があるのもポートレートを鑑賞する楽しさなのである。
          エモン・フォトギャラリー ディレクター 小松整司

2011.10.28

ダイヤモンドオンライン『書籍づくりの匠』記事掲載

前編:綺麗に撮ることよりも大切なスキルがある
後編: 瞬発と継続をファインダー越しに

2011.08.18

『BANEPA』- ネパール 邂逅の街 -

日 時:2011年8月19日(金)~8月28日(日) 12:00~19:30(最終日17:00まで)
会 場:メリケン画廊 meriken gallery & cafe
その他:作家在廊予定:8/27(土)18:00~・8/28(日)

2011.06.26

トークショー『ゴマの洋品店』

場所:スルガ銀行 d-labo
   東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー7F
日時:2010年8月10日 19:00〜21:00

詳しい情報はこちら

2011.01.28

『BANEPA』- ネパール 邂逅の街 -

写真集『BANEPA』よりオリジナルプリントを展示いたします。
場所:エモン・フォトギャラリー
日時:2011年1月14日〜2011年2月4日
オープニングレセプション:1月15日15:00〜
主催: EMON,Inc.

2011.01.28

『ゴマの洋品店』- ネパール・バネパの街から -

2011年、キヤノンギャラリーにて、全国巡回いたします。

日程
2011年4月21日〜4月27日 キヤノンギャラリー 銀座
2011年6月16日〜6月28日 キヤノンギャラリー 札幌
2011年7月7日〜7月19日  キヤノンギャラリー 仙台
2011年7月28日〜8月119日 キヤノンギャラリー 福岡
2011年8月25日〜8月31日 キヤノンギャラリー 梅田

2010.11.15

​My Book × PHaT PHOTO 10th ANNIVERSARY 10×10 LOUNGE

場所:72GALLERY
日時:2010.12.1- 19
OPEN/12:00〜20:00(平日)、12:00〜19:00(土日)、休廊日 月曜・火曜

フォトブック出展作家
中井精也、藤田一咲、加瀬健太郎、河西春奈、公文健太郎
笹原清明、高橋宗正、松枝 玄、南しずか、むらいさち、テラウチマサト

2010.10.24

『BANEPA』- ネパール 邂逅の街 -

雑誌 PHaT PHOTO 編集長 テラウチマサト セレクト
「今、この写真家と仕事がしたい!」写真展Vol.3

場所:72Gallery
期間:2010年10月27日(水)〜11月14日(日)

2010.08.01

フォトエッセイ『ゴマの洋品店』−ネパール・バネパの街から−





出版社:偕成社
ページ数:208ページ 並製
定価:1500円 +税
デザイン:トサカデザイン

農村から街へお嫁にいった少女、ゴマ。謎のお茶屋さん、プラム売りのおばさんたち、料理屋のなかよし兄妹、鳩を追う少年、見張りの人・・・・・。ネパール・バネパ。ゴマの洋品店にあつまる人びとの物語。

2010.08.01

写真集『BANEPA』 − ネパール 邂逅の街 −




出版社:青弓社
ページ数:216ページ 並製 (モノクロ141点 カラー5点)
定価:3400円+税
レイアウト・装丁:伊勢功治

ネパールの首都カトマンズから東に30キロ。人も、野菜も、家畜も集まっては散ってゆく街、バネパ。街で強かに生きる人との出会いは、街の風景の見方を変えていった。